新着情報

インドの連邦公用語、ヒンディー語を学びましょう!

ヒンディー語全クラスを担当する桜井(右)と上級クラス担当のアーシュトーシュ・シン講師
ヒンディー語全クラスを担当する桜井(右)と上級クラス担当のアーシュトーシュ・シン講師

初めまして! ヒンディー語を担当する桜井です。大学でヒンディー語を学び、インド企業でインド人に囲まれ約10年働いた経験を活かし、ヒンディー語を指導しています。ヒンディー語は日本語と語順が似ており、勉強の方法さえ間違えなければ誰でもマスターできます。「ここを選んで良かった」と皆さんに思ってもらえるよう、一人ひとりの学習を全力でお手伝いします! Skypeによる授業が中心なので全国どこからでも受講できます! 

 

TOEICスコア990。都内タクシー会社の英会話ドライバー養成プロジェクトで講師を務めた経験もあります。高校受験・大学受験の数学・英語も指導しています。

ヒンディー語とは? 学ぶメリットは?

ヒンディー語の表記に使われるデーヴァナーガリー文字はこんな感じです。子音字と母音記号を組み合わせて音節を表します。日本語の言葉をローマ字で書くのと同じ要領です。
ヒンディー語の表記に使われるデーヴァナーガリー文字はこんな感じです。子音字と母音記号を組み合わせて音節を表します。日本語の言葉をローマ字で書くのと同じ要領です

ヒンディー語とはインドの連邦公用語です。インド中部・北部を中心に南アジアの約8億人以上がヒンディー語を理解します。

 

観光やビジネスでインドを訪れる際、デリーやムンバイなどの都市部では高い確率で英語が通じますが、ヒンディー語を少しでも知っていれば対応がガラリと変わります。現地の人は尊敬すべき友人としてあなたを扱ってくれることでしょう。

 

日本でもヒンディー語映画を中心にインド映画の人気が高まっています。インド映画ファンの方は当教室でヒンディー語を学べば、少しずつセリフを原語のまま理解できるようになるでしょう。またヒンディー語にはサンスクリット語をはじめとする古典語からの借用語が多く、仏教やヨガに興味のある方は、理解がより深まるようです※。

 

ヒンディー語と日本語は語順がかなり似ており、日本語が母語の人にとってヒンディー語は習得しやすい言語の1つです。ぜひチャレンジしてみてください!

※当教室で仏教やヨガについてお話することはありません

桜井ヒンディー語教室の特徴

分かりやすい説明とオリジナルテキスト

副読本としてオリジナルテキスト『分かりやすいヒンディー語入門』シリーズを使います
副読本としてオリジナルテキスト『分かりやすいヒンディー語入門』シリーズを使います

初級クラスは日本人講師(桜井)が文法と語彙を丁寧に指導します。中高生の数学を指導していたので、分かりやすい説明には自信があります。初級クラスで基礎をしっかりと固め、中級クラス(インド人アシスタントとの会話の練習が始まります)に進めるよう全力でサポートします。

 

練習問題が豊富はオリジナルテキストで、初学者がつまづきやすい文法事項(主格⇔後置格変換、他動詞完了分詞の使い方など)を自分で繰り返し練習できます。

Skype授業

Skype授業なので世界中どこからでも受講可能です
Skype授業なので世界中どこからでも受講可能です

クリアな音声なので、対面授業よりもお互いの発音をはっきりと聴き取れます。全授業を録音しているので休んでしまっても安心です。何回でも聴き返せます。

 

Skype授業には、

  • 世界中どこからでも受講できる(インドに住む日本の方の受講が増えて来ています)
  • 会社/学校帰りにわざわざ教室に通う必要がない
  • 暑さ・寒さが厳しい季節や悪天候の日でも自宅で受講できる
  • 音声通話のみによる授業なので、部屋着などリラックスした格好で受講できる

―といったメリットがあります。「対面授業じゃないとやる気が出ないかも…」「パソコンやスマホは苦手だから…」と最初は不安を持つ方がいらっしゃいますが、受講後に多くの方から「Skypeの方が便利でよかった」という感想をいただきます。