ヒンディー語初級クラス

 

講座名 内容

初級1クラス

 

まったくの初心者向けのクラスです。桜井が授業を担当します。全12回の授業で『CDエクスプレス ヒンディー語』の第1課~第8課の内容をマスターします。具体的には、

  • 文字の読み書き
  • 名詞(主格、後置格)と後置詞
  • 形容詞(主格、後置格)
  • 動詞の命令形、未来形、現在形、過去形

―などを学習します。

 

「名詞の後置格」が最初の難所ですが、練習問題が豊富なテキストで徹底的に反復練習できるので心配無用です。ここさえ越えれば、ヒンディー語学習の半分は終わったようなものです。

 

授業では『CDエクスプレスヒンディー語』(白水社)※を使用します。副読本として当教室のオリジナルテキストを使います。

 

『CDエクスプレス ヒンディー語』は現在中古市場でしか手に入らないようなので、できるだけ早めに入手することをお薦めします。一般書店に並んでいる『ニューエクスプレス ヒンディー語』(白水社)と混同しないように注意してください

初級2クラス

桜井が授業を担当します。全12回の授業で『CDエクスプレス ヒンディー語』の第9課~14課の内容をマスターします。具体的には、

  • 動詞の過去形(他動詞の場合)
  • 未完了表現と完了表現
  • 完遂表現
  • 不定詞
  • 可能表現

―などを学習します。

初級3クラス

桜井が授業を担当します。全12回の授業で『CDエクスプレス ヒンディー語』の第15課~20課の内容をマスターします。具体的には、

  • 意味上の主語を示す後置詞
  • 必要/当然/強制表現
  • 複合動詞
  • 関係詞を使った複文
  • 分詞の形容詞的/副詞的用法
  • 仮定法

―などを学習します。

初級4クラス

 

インドの小学校1年生向けのヒンディー語の教科書『Saral Bhasha』第1巻を読みます。ここまで終われば自分で勉強を続ける基礎が完成しているので、ヒンディー語のニュース記事や本を読んだり、映画を見たりしていけば自ずと力がついていくはずです。